初心者のための家のリフォーム基礎知識

リフォームの始め方がわからない。情報収集から工事までの心得をもてば怖くない。

>

業者との協力で満足のいくリフォームを。

スペースの確保

いよいよ工事が始まりました。良い工事を進めていくためには何かと業者さんに協力をしなくてはならないことがあります。
工事をするにはいろいろなスペースが必要になります。”作業スペース”、”材料を置くスペース”、”解体などででた廃材置き場”、”駐車スペース”などです。
庭があればかなり有効に使えるのですが今は庭のない家が増えてきています。
そこで一番活用されるのが駐車場です。
ご自宅の周辺状況を加味して車を入れるのか、材料は廃材を置く場所にするのかは工事担当者が決めることですが施主様は車の移動などが必要になってくることがあります。
また留守にされる際の鍵の扱い方や帰宅の時間もしくは誰が何時に帰ってくるなど細かなことを伝えておくと業者さんも仕事に集中することができます。

後悔しないリフォーム。勇気をもつこと。

依頼した工事の規模により日数は大きく異なります。1日で終わるような工事もあれば1か月かかるなんてこともあります。
実はリフォーム工事は住人にとってとてもストレスがかかります。普段何不自由なく使用しているものが何日も使えない、知らない人(顔見知り程度の人)が毎日出入りをする、車の移動や近隣の目も気にしないといけません。
そして何より工事の進捗状況が良好かどうかも大きく関わりをもってきます。
もし施工段階で疑問を感じたら必ず質問をしましょう。その質問がお門違いだったとしても構いません。なぜならその工事中の状況を見たことがないのだから途中経過や仕上がりを知らなくて当然です。臆することなく質問をしましょう。一生に一度かもしれないリフォームを後悔しないためです。


この記事をシェアする